FC2ブログ
最近のニュースについてコメントします!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和食ファストフード出店 「なごやか亭」の三ツ星レストラン 札幌に8月
【釧路】回転ずし店「なごやか亭」などを道内外で展開する三ツ星レストランシステム(釧路、谷川富成社長)は、おにぎりをメーンとした和食ファストフード店「小春茶屋」一号店を八月に札幌市北区新琴似二の一三に出店する。

 ファストフードの主流がフライドチキンやハンバーガーで「和食は少なく、参入を決めた。手軽なファストフードで、和食の文化をもっと根付かせたい」と同社は話す。

 小春茶屋のメニューは約六十品目。メーンは十二種類のおにぎり(一個八十-三百円)で、丼ものや弁当、うどんなども提供。さらに甘味も、どら焼き約十種類やあんみつ、しるこなどをそろえる。価格は最高でも三百円台に抑える。

 一号店は約百七十平方メートルで客席は五十六席。五月下旬に着工し、八月下旬にオープンする。三千三百平方メートルの敷地内には、なごやか亭新琴似店も同時開店させる。同社は、小春茶屋を札幌圏を中心に道内で約百店舗展開する計画で、二○一○年ごろからの道外進出も検討する。

 同社は当初、定食を中心とした新業態の食堂を展開する計画だったが、採算面などからファストフード店へ変更した。

北海道新聞引用
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。