FC2ブログ
最近のニュースについてコメントします!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年2月に夕張市の財政再建団体入り決意…後藤市長が胸中語る
北海道夕張市の後藤健二市長(65)が読売新聞社のインタビューに応じ、財政再建団体入りを決めた時の胸中などについて語った。2006年度の予算査定や総務省に特別交付税を要望する昨年2月の時点で、「私自身の中ではこういう(不正な)財政運営は続かないと思っていた」と述べ、すでに再建団体に移行することを決意していたという。

 後藤市長は昨年2月に総務省を訪れた際、職員から「市長さん、夕張も厳しいでしょうけど、もっともっと厳しくなりますよ」と言われた。国の三位一体改革で地方交付税は減額の流れが決まっていた。

 当時を振り返り、「誰にも言ってなかったが、もう続かないと思った。06年度中に法の下での再建を決意しなければならない。そういう腹づもりだった」と語る。後藤市長の考えでは、昨年9月の定例市議会で再建団体入りを表明。07年度の1年間で再建計画を策定し、実際より1年遅い08年度から再建団体入りする予定だったという。

 また、財政破たんの分岐点として、同市で唯一残っていた三菱南大夕張炭鉱が閉山した1990年を挙げ、「石炭で生まれ育った街が終焉(しゅうえん)した当時、きちっと行財政の実態を明らかにし、これからどんなまちづくりを進めるか、市民と一緒に議論していくべきだった」と述べた。破たんから得た教訓は、「情報公開に尽きる」とした。

 前市長が行っていた第3セクター「夕張観光開発」(破産)への約5000万円の個人保証は、03年の市長就任後、2か月ほどして同社の経理担当から知らされたという。「拒否したら金融機関が引き揚げるため、選択の余地はなかった。やむを得ず引き受けた」と述べた。

(読売新聞北海道版引用)
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。