FC2ブログ
最近のニュースについてコメントします!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕張市役所 職員半減、静かな船出 診療所もスタート
財政再建団体の夕張市は二日、実質的な新年度のスタートを切った。年度末に職員の約半数百五十二人が退職した市役所は部制をやめ、課制による新体制での業務を開始。公設民営化された市立診療所でも診療が始まった。

 市役所では、職員減に対応し、「スタートでつまずかないように」(後藤健二市長)と、退職した職員十六人に嘱託採用の辞令を交付。道からの派遣職員七人(三人は昨年度からの継続)にも辞令が手渡された。

 新課長が出席しての初の庁議では、後藤市長が「再建計画はできたが、職員の大量退職で行政がスムーズに執行できるのか、注目されている。市民が安心して生活できるように努力してほしい」と話した。

 庁舎内は職員減で、閑散とした印象。ただ厚谷司市職労委員長は「引き継ぎが終わっていない職員もおり、自分も、静かな中で(心の中は)ばたばたしています」と話していた。

 一方、市立診療所「夕張医療センター」は、医療法人「夕張希望の杜(もり)」(村上智彦理事長)の運営による診療を開始した。

 常勤医は村上理事長と歯科医師の二人。午前八時半からの朝礼では、村上理事長が「臨機応変に対処し、利用者に迷惑がかからないようにやっていきましょう」とあいさつ。出席したスタッフ全員で、「地域の人々に信頼される医療福祉サービスを」などと、センターの理念を唱和した。

 診察を受けた市内の女性(72)は「村上先生が来て、“病院”が残って本当によかった」とほっとした表情だった

(北海道新聞引用)
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。