FC2ブログ
最近のニュースについてコメントします!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
御巣鷹の尾根で犠牲者追悼 日航機墜落事故から22年
1985年8月、日航ジャンボ機が群馬県上野村に墜落し、520人の犠牲者が出た事故から22年を迎えた12日、現場となった御巣鷹の尾根に300人以上の遺族が慰霊登山した。ふもとの「慰霊の園」では追悼慰霊式が行われ、墜落時刻の午後6時56分、遺族や日航関係者らが黙とうをささげた。

 遺族は早朝から御巣鷹の尾根に向けて出発。日航によると、12日午後4時までに83家族326人が厳しい暑さの中、険しい山道を登った。尾根の「昇魂之碑」前ではアコーディオンの演奏が流れる中、遺族らが空の安全を願い、シャボン玉を飛ばした。尼崎JR脱線事故の遺族も登山に加わった。

 社長として2回目の慰霊登山をした日航の西松遥社長は「あらためて安全運航を誓った。安全運航の継続が経営再建の近道だと思う」と述べた。

 慰霊の園の式典には246人が参列。祭壇に花を供え、犠牲者と同じ数のろうそくに火をともし冥福を祈った。
(北海道新聞 引用)
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。