FC2ブログ
最近のニュースについてコメントします!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LPガスを共同配送 エア・ウォーター・エネルギー 道内初 旭川地区で来月から
燃料販売道内大手のエア・ウォーター・エネルギー(AWEN、札幌)は八月一日から旭川地区で、旭川地崎商事(旭川)と液化石油(LP)ガスの共同配送を始める。ガス容器(ボンベ)を共有した上で配送システムも統合する。道内での本格的な共同配送は初めて。来夏にはさらに一社が加わり、札幌、函館など道内各地に共同配送を広げたい考えだ。

 AWENと旭川地崎商事、来夏に合流する北海道エナジティック(札幌)の三社の均等出資で共同配送会社「旭川エナジック」(旭川)をすでに設立。まずAWENと旭川地崎商事が共同で計二万五千件の顧客に対し、AWENの充填(じゅうてん)工場(旭川市永山町六)でボンベにLPガスを詰めてトラックで配送する。

 これまで両社で重複していたルートを簡素化できるため配送車両数を約二割減らせるなど、コスト削減につながる。北海道エナジティック(旭川地区の顧客数六千件)と旭川地崎商事は、それぞれの充填工場を廃止。三社固有の社名やブランド名を記したガスボンベを塗装し直し、表記を「旭川エナジック」に統一する。

 LPガス業界では近年、一般に普及している五○キロボンベの十-二十倍のガスを貯蔵できる「バルク」と呼ばれる容器が飲食店やマンション向けなどに広がりつつある。これに伴い、五○キロボンベへの充填量は減少傾向にあり充填・配送効率が悪化し、コスト増を招いている。

 製造と販売が一体化している電力や都市ガスと異なり、LPガスは元売り・卸売り・小売りなど流通経路が多段階に分かれた高コスト構造にある。LPガス輸入価格の高騰に加え、この構造が小売価格を押し上げており、流通効率化によるコスト競争力向上が課題となっている。


(北海道新聞 引用)
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

エア・ウォーター略称 = 国籍 = 郵便番号 = 542-0083本社所在地 = 大阪府大阪市中央区 (大阪市)|中央区東心斎橋一丁目20番16号電話番号 = 06-6252-5411設立 = 1929年(昭和4年)9月24日(北海酸素株式会社)業種 = 化学統一金融機関コード = SWIFTコード  [つづきを読む]
大阪企業 | 2007/09/29(土) 05:34
Copyright © 2005 ニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。