FC2ブログ
最近のニュースについてコメントします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若手育成に力 クラブ初のGMに就任した村野晋さん
札幌を運営する北海道フットボールクラブ(HFC)の村野晋管理部長が2月、育成部長も兼ね、強化部も統括するゼネラルマネジャー(GM)に就任した。GMという役職はクラブ創設後初。J1最下位クラスの強化費でJ1残留を目指す札幌で、責任は重く、苦労は多いが、生え抜きの若手を中心とした育成型のチームを目指している。

 「GMといっても僕はグラウンド・マネジャー(グラウンドの管理人)だよ」と笑うが、チーム運営に当たる「管理」、若い選手を育てる「育成」、選手をスカウトする「強化」の各部門を統括する要のポジションだ。こうした兼任は珍しいが、「お金がないから一人でやらざるを得ない」と苦笑する。

 就任早々、新外国人アルセウが電撃退団した。GMとしても責任が問われる。「性格的に問題があるというリスクは承知で、その能力にかけた」。かけは外れた。だが、シーズン途中で退団されるより影響は少ないと判断し、早期の契約解除を決断した。

 強化費が少ないため、育成型のチームづくりを目指す。「僕も執行役員のはしくれ。強化も経営抜きには考えられない。費用対効果を考えない補強はあり得ない」と断言する。かつて補強に大金を費やした結果、累積赤字を27億円まで膨らませたクラブの「負の遺産」を踏まえての発言だ。

 横浜フリューゲルス、日本サッカー協会で総務・管理の仕事に携わった後、2003年に札幌へ。若手に規則正しい生活を送らせるため、自宅に選手を招き、妻の明子さんが朝食と夕食を提供していた時期もあった。だが、限界も感じていた。

 「思った以上に社会性のない選手が多く、規律がチームになかった」。04年に酒気帯び運転で人身事故を起こした選手を解雇する不祥事が起きたことをきっかけに、05年に独身寮「しまふく寮」を新設し、管理人として常駐。その結果、寮で育った石井、藤田、西、岡本の「若手カルテット」が昨年急成長し、シーズン終盤にチームの危機を救ってJ1昇格に貢献した。

 現在、ユースを含め寮生は約20人。彼らの父親代わりでもある。「プロになれない子がいることも考えないと。社会性を養う必要があるし、勉強もできないといけない」。今年から、高校生のために北大大学院生を家庭教師として雇い、試験期間に勉強させている。

 休みらしい休みはない。苦労の多い役職だが、「しがらみがなくて面白いクラブ。真っ白なところに絵を描くのは楽しいでしょ」。将来は、札幌をスペインのバルセロナのような総合型スポーツクラブにするのが夢。その夢を実現するための第一歩、J1残留に向けて全力を尽くす
内容上向き 大きな1勝
リーグ戦ではない。しかもフッキや代表選手3人を欠く川崎相手だった。だが、6季ぶりのJ1復帰後、4戦目にして挙げた初白星は、チームにとって大きな自信となる価値ある1勝だ。

 試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、柴田に飛びついて抱き合う坪内の姿があった。坪内は「ほんっとにうれしい」と表情を緩める。三浦監督は「1勝は1勝。そんなに大きな感情はない」と冷静だったが「(札幌には)J1の試合出場がゼロだった選手が多く、彼らにとって勝ちは大きい。一つ勝つのが簡単ではないことが分かったと思う」とかみしめるように話した。

 開幕前、けが人に泣かされた。練習試合で結果が出ず、リーグ戦も2連敗。だが、決勝点を挙げた西嶋は「最初からそんなに勝てるとは思っていなかった。ちょっとずつよくなればいい」。事実、ゲーム内容もスコアも試合ごとに改善している。

 この試合で、クライトンはFWでもボランチでもチームの柱として機能することが証明された。高木は復帰初戦にもかかわらず安定したプレーを披露。腰痛の曽田も30日のリーグ戦(対柏)に間に合うめどが立った。

 「ナビスコ杯を含めた最初の4試合で戦術や選手を見極める」と三上強化部長が語っていた言葉通り、チームの形がようやく固まってきた。セットプレーで失点したのは気がかりだが、次はリーグで勝ち点と勝ち星を狙う。
サツラク5%値上げ 来月から 保証牛乳、酪農公社も
乳業国内大手が牛乳や乳製品の値上げを発表したのを受け、道内の中小メーカーにも追随する動きが広がっている。サツラク農協(札幌)が四月一日から約三十品目を5-8%引き上げるほか、北海道保証牛乳(同)なども四月から値上げする方針を固めた。

 サツラク農協は、「サツラク牛乳」(千ミリリットル)のメーカー希望小売価格を5%引き上げ、二百二十円から二百三十一円に改訂する。ヨーグルト八品は8%、プリンなどデザート類も5%引き上げる。

 飼料の高騰に伴い、農家に支払う生乳価格を引き上げることに伴う措置で、同農協として牛乳の値上げは「少なくとも十数年なかった」(市乳事業部)という。

 北海道保証牛乳も牛乳やクリーム類など二百品目以上を7-8%、函館酪農公社(函館)は牛乳など約十品目を六-七円、それぞれ引き上げる方針。四月からの実施を目指し、スーパーなどと交渉に入っている。

「木の城」破産 「早く転職先を」 連合が説明会、300人出席
【栗山】道内住宅メーカー大手「木の城たいせつ」(空知管内栗山町)の自己破産に伴い、連合北海道と連合空知地域ユニオンは十三日、同社と関連企業三社の従業員へのユニオン説明会を同町内で開き、地元栗山や由仁、岩見沢、札幌などから三百人が集まった。

 連合側は管財人がまだ決まっていないことを報告。七日に従業員二百人で構成する「木の城たいせつ関連従業員ユニオン」を設立し、今後弁護士とともに未払い賃金の支払いを進めることなどを説明。その上で担当者が《1》労働債権の確保策《2》雇用保険などの手続き方法-などを解説、労働者健康福祉機構を活用した未払い賃金の立て替え払い制度の利用などを促した。

 会場からは賃金未払いへの切実な訴えなどが相次いだ。組合に加入した北広島市の三十歳代の従業員は「やや安心したが人生設計は狂った。早く転職先を」と硬い表情で説明に聞き入っていた。説明会は十五日に札幌などでも予定している。道労連も十四日に栗山、十五日に札幌で労働相談会を開く
きょうJ1初戦 6季ぶり復帰 鹿島と対戦
サッカーのJリーグ1部(J1)が八日、開幕する。今季、六季ぶりにJ1に復帰したコンサドーレ札幌は、午後四時から茨城県鹿嶋市の県立カシマサッカースタジアムで、昨季J1と天皇杯を制した鹿島アントラーズと対戦する。

 札幌は昨季、就任一年目の三浦俊也監督の下、J2最少失点を誇った堅い守備を基盤にしたサッカーでJ2優勝を果たし、二〇〇二年以来の国内トップリーグに返り咲いた。

 チームは一月下旬からグアムや熊本で約六週間にわたる長期合宿を組み、四日からは道内で最終調整を行い、鹿島戦に備えてきた。三浦監督は、「持てる力を発揮し、全力で戦う」と開幕戦へ闘志を新たにした。

 今季も、守備を基盤にした戦い方は不変。「ハードワーク」を合言葉に、チーム一丸となってJ1に挑む。
マウンテンバイクの120分耐久レース 札幌・南区
マウンテンバイクの百二十分耐久レースが二日、札幌市南区の真駒内セキスイハイムスタジアムで行われた。

 札幌の自転車愛好家団体「ドゥライド」の主催。小学生から六十代までの七十二人が、積もった雪に四苦八苦しながら、二時間で一周約一キロのコースを何周回れるかを競った。

 カーブでは、転倒する選手が続出したが、雪がクッションに。敵だった雪が味方になり、選手たちは「これなら転んでも大丈夫」とスピードを上げていた。

Copyright © 2005 ニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。