FC2ブログ
最近のニュースについてコメントします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長井さん、約1メートルから撃たれ即死か APF社長に医師説明
ミャンマーで反政府デモ制圧を取材中、射殺された映像ジャーナリスト長井健司さん(50)が契約していたAPF通信社(東京都港区)の山路徹社長(46)は30日までに、遺体が搬送されたヤンゴン市内の病院で現地の医師から「約1メートルの至近距離から撃たれ、即死に近い状態だった」などと解剖所見について説明を受けた。

 APF通信社によると、山路社長は「どういう状況で撃たれたのか、真実が知りたい。日本でも検視をしてほしい」と話し、遺体の搬送準備を急ぐとしている。

 山路社長は29日夜(現地時間)、長井さんの遺体と対面。医師は「弾は背中左側から体内に入り、右胸の肋骨下に貫通。弾は1発で、死因は失血死とみられる」などと説明した。

 また、右手でビデオカメラを握ったままの状態で死亡しており、額に擦り傷があることも確認した。愛媛県今治市の長井さんの両親にも報告したという。
(北海道新聞 引用)
残留孤児、来日4人 厚労省公表 過去最少、11月調査
厚生労働省は二十八日、新たに中国残留日本人孤児と確認された四人の氏名と顔写真、肉親捜しの手掛かりを公表した。関係者の高齢化などで身元判明者は年々減少し、二○○五年以降は一人もいない。情報公開する孤児も同年の五人を下回り、過去最少となった。

 孤児は十一月十二日に来日し、二十三日まで滞在、永住帰国のための説明会や対面調査などに臨む。四人のうち、日本人名の手掛かりがあるのは男性一人だけ。養父の遺品の中で見つけた文書に、日本名は「賢一」、実父は本籍地「宮城県」の「佐藤松雄」と記されており、厚労省がこの情報を基に親族とみられる人たちと接触している。

 厚労省は、孤児にインタビューしたようすを撮影しており、希望者にはビデオを貸し出す。また同省は、臨時直通電話(電)03・3593・7890を設置、十一月二十三日までの平日午前九時-午後七時まで受け付ける。
(北海道新聞 引用)
ワクチンの副作用107人 昨年度のインフルエンザ
厚生労働省は27日、インフルエンザワクチン接種による副作用が疑われる症例が、2006年度は107人報告されたとの医薬品・医療機器等安全性情報を発表した。厚労省によると、インフルエンザワクチンの副作用報告は毎年100件程度報告されている。

 このうち死亡例が5人あったが、専門家で構成されるワクチン副反応検討会による検討の結果、4人を「因果関係は評価できない」、1人を「因果関係は認められない」と結論づけた。同省は「新たな安全対策を講じる必要性は認められなかった」としている。

 主な副作用は、急性散在性脳脊髄炎が20件、発熱が11件、発疹等が8件、注射部位の腫れなど8件。後遺症は、10代女性の視力低下や50代女性の自力歩行不能など6人が報告され、うち4人を「因果関係が否定できない」とし、2人を「因果関係は評価できない」とした。
(北海道新聞 引用)
時津風親方、兄弟子立件へ 17歳力士への傷害致死容疑 愛知県警
大相撲の時津風部屋の序ノ口力士、時太山=当時(17)、本名斉藤俊さん=が6月、愛知県犬山市でけいこ後に急死した問題で、県警捜査1課と犬山署は26日、制裁目的の暴行で時太山を死亡させた傷害致死事件として、時津風親方(元小結双津竜)と部屋の兄弟子ら数人を立件する方針を固めた。

 死因を特定するため遺体の組織片の鑑定が進められており、その結果とそれぞれの暴行の関与によって、傷害致死や傷害容疑の適用を検討している。

 調べでは、時津風部屋の兄弟子らは名古屋場所前の6月26日午前11時ごろ、犬山市に設けたけいこ場で、時太山に暴行を加え、同日午後2時10分ごろ、搬送先の病院で死亡させた疑いが持たれている。時津風親方は暴行を指示したとみられている。
(北海道新聞 引用)
「おので父殴った」と出頭 長野、殺人未遂で中3逮捕
24日午前2時ごろ、長野県辰野町の女性から「夫が頭から血を流している」と110番があった。約30分後、息子で中学3年の少年(15)が近くの岡谷署の交番に「父親の頭をおので殴った」と出頭してきた。

 岡谷署員が少年の自宅に駆け付けると、父親(44)が頭部に重傷を負っており、県警は殺人未遂の疑いで少年を逮捕した。父親は病院に運ばれたが、生命に別条はないという。

 京都府で18日、16歳少女が就寝中の父親をおので殺害したとして逮捕される事件が起きたばかり。

 調べでは、少年は24日午前2時ごろ、自宅で寝ていた父親の頭をおので数回殴った疑い。父親が寝ていた布団には、大量の血が付着していた。少年は父親を殴った後、おのを持ったまま家を出て、歩いて交番に向かったとみられる。岡谷署が動機などについて少年を追及している。

(北海道新聞 引用)
二風谷に熱視線 台湾の観光客急増 アイヌ文化博物館
【平取】アイヌ文化が伝承されている町二風谷地区に台湾から熱い視線が注がれている。今年一月から八月末までに二風谷アイヌ文化博物館を訪れた台湾からの観光客は約千八百人で、前年同期の五倍強。関係者は「台湾にも先住民族がいるが、日本ではその文化が大切に伝承されているところに関心が集まっているのでは」と見ている。

 同博物館には今年、八月末で約一万四千人が訪れたが、このうち台湾からの観光客は13%を占める。前年同期に台湾の観光客が占める割合が2・4%(約三百三十人)だっただけに、同博物館は「国内の観光客が減少傾向の中で、うれしい伸び」と喜ぶ。

 台湾の観光客が二風谷で目立ち始めたのは二○○五年から。当初は道東方面から日勝峠を越えた観光バスがトイレ休憩に立ち寄る程度だったが、今年は二日に一日のペースで三十人ほどの団体が訪れ、二風谷工芸センター、沙流川歴史館、アイヌ文化博物館に足を運んでいる。台湾のガイドが積極的にアイヌ文化について学芸員らに質問し、観光客もその話に熱心に耳を傾けているという。

 台湾からの観光客急増は、台湾内でのアイヌ文化の知名度が向上したことによる。昨年度以降、道観光連盟(札幌)も台湾へ出向き、アイヌ文化など北海道観光のPR活動を本格化。白老のアイヌ民族の観光関係者も台湾へ数度訪問している。

 道台湾親善友好協会(札幌)は「台湾からの北海道旅行は『一週間の行程で安く』が主流。札幌から道東へ行くにも十勝までが限界。そこで札幌への帰り道に二風谷に寄っている」と、地の利もあることを指摘している。
(北海道新聞 引用)
東名で多重事故、2人死亡 愛知、トラックなど炎上
22日午前9時半ごろ、愛知県岡崎市池金町の東名高速道路下り線でトラックと乗用車など5台が絡む多重衝突事故があり、2人が死亡、3人がけがをした。

 県警高速隊などによると、現場は片側2車線で、大型トラックが走行車線から追い越し車線に移動しようとして、前にいた乗用車に衝突。乗用車は中央分離帯とトラックに挟まれて炎上、乗っていた2人が死亡した。乗用車は静岡ナンバーとみられ、県警が身元の確認を急いでいる。

 県警は自動車運転過失致死傷の現行犯でトラックの男性運転手(57)=愛知県西尾市=を逮捕した。

 現場は美合パーキングエリア付近で、下り線の音羽蒲郡-岡崎インター間が通行止めになった。
(北海道新聞 引用)
登山18年、66歳で幌尻岳登頂…がん克服し百名山踏破 小樽の宮谷さん
小樽、札幌などの登山愛好者でつくる山々(さんざん)会会長の宮谷和子さん(66)=小樽市桜一=が日高山脈の幌尻岳(二、○五二メートル)の登頂で、「日本百名山」を踏破した。六年前に膀胱(ぼうこう)がんを克服し、地道に登り続けて十八年。最後は仲間とともに踏破の喜びをかみしめた。

 幌尻岳の頂上には十三日朝、山々会のメンバーら五人とともに到着し、百名山達成を祝った。十年ほど前に挑戦した時は沢の水量が増し、断念した。百名山のうちでも難しい山といわれ、感激はひとしおだった。

 登山を始めたのは、子育てが一段落した四十歳過ぎから。趣味と健康維持のためだったが、すぐに「一つの山を登りきった時の達成感がやみつきになった」。一九八九年、利尻山(一、七二一メートル)を皮切りに日本百名山を巡り始め、二年間で道内の九山のうち、七山を踏破。九二年からは道外の山にも挑み始めた。

 二○○一年、六十九山目の富山県飛騨山脈の剱(つるぎ)岳(二、九九九メートル)に登った際、血尿が出た。腹痛はなく、「過労だ」と思って登山を続行。下山後に病院へ行き、初期の膀胱がんが見つかった。

 内視鏡手術で小指の先ほどの腫瘍(しゅよう)を摘出し、再発せずにいる。「山ががんを教えてくれたし、病をはね返す体力もつくってくれた」と感謝する。

 モットーは「頂上を極めるだけでなく、登る過程を楽しむこと」。百名山を巡る旅行会社のツアーもあるが、宮谷さんはすべて自分で行程を計画した。九割は道外にあり、往復で十日以上かかる山もあるが、十四年前から勤める障害者施設の同僚たちの理解で休暇を取り、登山を続けられた。

 冬山は「技量を超えている」と挑戦せず、夏山中心に楽しむ宮谷さん。「これからも無理せず、楽しく山を登りたい」と話している。
(北海道新聞 引用)
乗用車とトラックが衝突 男性死亡 札幌・北区
十九日午前三時十分ごろ、札幌市北区篠路町拓北三の道道で、同市東区北一六東一○、会社員長谷川克幸さん(39)のトラックと同市白石区川下一の八、会社員扇谷祐蔵さん(36)の乗用車が衝突。扇谷さんが頭などを強く打って間もなく死亡したほか、長谷川さんと同乗の助手席の男性(51)が首を打撲するなどの軽傷を負った。

 札幌北署によると、現場は片側三車線の直線。同署は、長谷川さんがUターンした後、後続の扇谷さんと衝突したとみて調べている。
(北海道新聞 引用)
セルビア人被告犯行認める 銀座宝石強盗の公判で
【ベオグラード18日共同】東京・銀座の宝石店で2004年3月に計約35億円相当の宝石が強奪された事件の公判が17日、セルビア・ベオグラードの裁判所で開かれ、これまで無罪を主張していたセルビア人男性、ジョルジェ・ラソビッチ被告(42)が、初めて犯行を認めた。セルビアの検察当局者が共同通信に明らかにした。

 一方で被告は、被害に遭った宝石店の店員から犯行を持ち掛けられたと供述した。検察当局者によると、検察当局、裁判所ともに、供述の信ぴょう性は低いとみており、来月上旬には判決が言い渡される見通し。最高刑は禁固15年。

 ラソビッチ被告は単独で犯行に及んだと主張。店員から見返りに10万ドル(約1100万円)を受け取り、宝石の所在については知らないとしているという。

 同事件ではセルビア人女性被告もベオグラードで同時に公判中だが犯行への関与を否定しているほか、セルビア人男性1人がデンマークで、英国人女性1人が英国でそれぞれ身柄を拘束されている。

(北海道新聞 引用)
蘭越女性殺害 前日男と接触か 身元確認 携帯見つからず
【蘭越】後志管内蘭越町の土捨て場で十五日、女性の他殺体と重傷を負った女児が見つかった事件で、倶知安署の捜査本部は十六日、被害者を札幌市豊平区平岸三の一一、無職上野雪絵さん(37)と小学二年の長女(7つ)と確認した。

 捜査本部の調べで、上野さん親子は十四日午後に自宅アパートや周辺にいたことが判明。上野さんはその後、札幌周辺で事件に関与した男と接触したとみられ、捜査本部は男の特定を急いでいる。

 調べや付近住民によると、長女は十四日に小学校の遠足に参加し、午後一、二時ごろに帰宅、上野さんも同日午後にアパート周辺にいたことが確認されたが、その後の足取りは分かっていない。

 長女は発見時に、「札幌から車で来た」「お母さんが知らないおじさんとけんかした」などと話していた。捜査本部は上野さんが長女とともに、この男に土捨て場に車で連れて来られ、殺害されたとみている。

 アパートの付近住民は「事件の数日前、上野さん親子が三十代ぐらいの長身の男性とタクシーで外出するのを見た。別の四十代ぐらいの男性が部屋に入るのも見かけた」と話している。

 また、捜査本部は十六日、土捨て場と上野さんのアパートを捜索。土捨て場から複数のタイヤ痕が見つかり、捜査本部は不審車両の情報を集め、関連を調べる。部屋には荒らされた跡や血痕はなかったが、鍵は掛かっていなかった。上野さんと長女はともに携帯電話を持っていたが、見つかっていない。

 このほか、捜査本部の司法解剖の結果、死因は頭部を九カ所殴られたことによる脳挫傷と判明。死亡時刻は十四日深夜から十五日未明で、凶器はバールなど金属の棒状のものとみられる。

 関係者によると、上野さんは札幌出身で、三年ほど前に、大阪府から引っ越してきた。生活保護を受け長女と二人で暮らしていた。

 付近住民は「上野さんは病気がちだったが、子供とは仲が良かった」と語る。また、長女の小学校の教頭は「一日も早く元気になって学校に来てほしい」と話した。
(北海道新聞 引用)
即席漫談 40人爆笑 永六輔さんら高齢者と交流
【夕張】市の南部地区在宅福祉サービス推進委員会が十二日に南部コミュニティーセンターで開いた、同地区の七十歳以上が対象の「お食事会」に、放送タレントの永六輔さん(74)と講談師の神田山陽さん(41)が参加し、軽妙な掛け合い漫談を披露して約四十人の参加者を笑わせた。

 同委員会は毎年、敬老の日に祝賀会を開いてきたが、市の財政破たんで補助金がカットされ、代わりに今回の会を企画。南部地区に知人がいる札幌のフリーライターみかみめぐるさん(53)が神田さんに声を掛け、二人をゲストに招いた。

 ただ、「予定が決まった旅は嫌い」という永さんは、神田さんにお食事会への参加を知らされないまま会場入り。夕張特産のナガイモが入ったイモ団子汁を味わい「いろいろな人のつながりのおかげで、良い旅になった」と笑顔を見せた。

 即席の漫談で永さんは「しゃべる時の専用の入れ歯と食べる時の入れ歯と二つ持っているが、北海道ではうまいものが食えると聞き、食べるほうで来ちゃった」などと話し、爆笑を誘った。神田さんも忠臣蔵を題材とした講談の一部を披露し大きな拍手を受けた。永さんは「夕張に来たのは五、六年ぶりだが、市が財政破たんしても、住民の多くは普通の日常を過ごしている。騒ぎ過ぎないほうがいいのでは」と話していた。
(北海道新聞 引用)
びっくり!釧路でブリ 暖流の影響か サケ定置網で混獲
釧路沿岸の秋サケ定置網漁で暖流に生息するブリが混獲され漁業者を驚かせている。北上暖水の黒潮が道東沖に張り出しているためとみられる。

 釧路水産試験場によると、ブリは主に日本海側を回遊。道内では噴火湾あたりまで来ることはあるが、道東沿岸で混獲されるのは珍しいという。

 釧路市漁協所属の定置網には十二日、十匹がかかった。大きいのは体長九○センチ、重さ十一キロ。釧路市東部漁協や白糠漁協の定置網でもここ数日、数匹の混獲が確認されている。

 釧路水試は「九州の西側で黒潮と分かれた対馬暖流が日本海側からえりも付近まで張り出している。これに乗ってきたブリが同じ水温の道東沖の黒潮に迷い込んだのでは」とみている。

 釧路市漁協新富士市場の佐田真一業務第一課長補佐は「釧路の定置にかかったという話は聞いたことがない。ブリは出世魚の最終段階なので縁起はいいのかな」と話す。

 大ぶりの二匹は十三日にセリにかけられる。
(北海道新聞 引用)
びっくり!釧路でブリ 暖流の影響か サケ定置網で混獲
釧路沿岸の秋サケ定置網漁で暖流に生息するブリが混獲され漁業者を驚かせている。北上暖水の黒潮が道東沖に張り出しているためとみられる。

 釧路水産試験場によると、ブリは主に日本海側を回遊。道内では噴火湾あたりまで来ることはあるが、道東沿岸で混獲されるのは珍しいという。

 釧路市漁協所属の定置網には十二日、十匹がかかった。大きいのは体長九○センチ、重さ十一キロ。釧路市東部漁協や白糠漁協の定置網でもここ数日、数匹の混獲が確認されている。

 釧路水試は「九州の西側で黒潮と分かれた対馬暖流が日本海側からえりも付近まで張り出している。これに乗ってきたブリが同じ水温の道東沖の黒潮に迷い込んだのでは」とみている。

 釧路市漁協新富士市場の佐田真一業務第一課長補佐は「釧路の定置にかかったという話は聞いたことがない。ブリは出世魚の最終段階なので縁起はいいのかな」と話す。

 大ぶりの二匹は十三日にセリにかけられる。
(北海道新聞 引用)
JR信越線が全線運転再開 中越沖地震の不通全面解消
新潟県中越沖地震で線路が土砂に埋まり、不通になっていたJR信越線の柿崎-柏崎間(約18・7キロ)が13日、約2カ月ぶりに運転再開した。地震の影響によるJRの不通路線はなくなった。

 信越線は青海川駅付近で約1万3000立方メートルの土砂崩れで線路が埋まり、計4・5キロの線路が変形するなど大きな被害が出た。このためJR東日本は重機などで土砂を除く一方、駅付近に土砂止めの柵を設置するなどの安全対策も取った。

 柏崎発の始発電車には泉田裕彦知事らも乗車して復旧を祝った。通勤中の新潟県刈羽村正明寺の会社員小林義高さん(57)は「不通の間はマイカーで通勤していたが、電車は眠れるので便利。生活の一部を取り戻した感じです」と話していた。

 大阪-青森間の寝台特急「日本海」など、信越線経由の夜行列車は、13日に始発駅を出る列車から運転を再開する。

(北海道新聞 引用)
若林農水相の政党支部へ寄付 国契約業者が参院選2日前
若林正俊農相(参院長野選挙区)が代表を務める自民党長野県参院選挙区第1支部(長野市)が、若林氏が当選した2004年7月の参院選の投票日の2日前、国発注工事を受注していた建設会社から25万円の寄付を受けていたことが12日、分かった。

 公職選挙法は国政選挙に関して、国と契約関係がある業者が寄付することを禁じており、公選法に違反する疑いもある。

 第1支部は「寄付者が国の公共事業を請け負っているかどうか、細かく確認していない。建設会社側の話を聞いて総務省とも相談し、適切な処置を講じたい」としている。

 当時の社長(73)は「若林氏が政界入りしたころから支援しており、会社としてではなく個人的な献金のつもりだった」と説明している。

(北海道新聞 引用)
足利銀と旧経営陣が和解 違法配当などの責任認める
経営破たんし一時国有化された足利銀行(宇都宮市)が、粉飾決算による違法配当やずさんな融資で銀行に損害を与えたとして、旧経営陣13人に計約50億円の損害賠償を求めた3つの訴訟は10日、宇都宮地裁で足利銀と旧経営陣8人との間で和解が成立した。

 足利銀の代理人弁護士によると、和解に応じたのは柳田美夫、飯塚真元頭取など元役員8人。

 2001年3月期決算で融資先の区分を甘くするなどして資産を粉飾、違法な配当をしたことや、栃木県野木町の建材商社「シモレン」や埼玉県秩父市のゴルフ場経営会社「荒川観光開発」に対し、ずさんな審査で融資を実行したことで、足利銀に損害を与えたことを認めた。

 8人は、預貯金など計約1億3400万円をはじめ、自宅などすべての資産を処分し、損害賠償に充てるという。

 10日夜の記者会見で、池田憲人頭取は和解について「旧経営陣の責任追及という私の責務は果たせた。ほっとした」と述べた。


(北海道新聞 引用)
伊吹派団体でも記載漏れ パーティー券代金50万円
伊吹文明文部科学相の派閥の政治団体「志帥会」(東京)が、政治資金収支報告書に2005年に開催したパーティーの収入50万円を記載していなかったことが10日までに分かった。

 パーティー券を購入したのは06年末に解散した「新政治問題研究会」(東京)。志帥会は亀井静香衆院議員が派閥代表だった05年4月、東京都内で「めざせ新しい日本」と題した政治資金パーティーを開催した。

 新政治問題研究会の収支報告書によると、パーティー券購入費として計50万円を支出しているが、志帥会の収支報告書には記載がなかった。

 志帥会事務局は「パーティー券販売は国会議員が窓口になっており、20万円を超える収入は議員からの報告を受けて記載することになっている。今回は報告もなく、購入者とも連絡が取れていない。確認作業中だ」としている。
(北海道新聞 引用)
生活習慣病予防のタマネギ「さらさらレッド」栗山で収穫始まる
【栗山】生活習慣病予防などにも効果が期待される町特産の新品種高機能性タマネギ「さらさらレッド」の収穫が、町内のタマネギ農家で始まっている。七月の雨不足でやや小ぶりなものの、品質は上々という。

 さらさらレッドは町内に本社を置く北大農学部発の野菜・花き種苗開発ベンチャー、植物育種研究所(岡本大作社長)が札幌の独立行政法人・北海道農業研究センターと共同開発した赤色の新品種。血糖値の上昇を抑える成分などを豊富に含み、昨年から町内だけで栽培し、町の特産品として道内外の百貨店などに出荷している。

 今春、八軒のタマネギ農家でさらさらレッド生産組合(吉田寿栄組合長)が発足、五十アールに植え付けた。昨年よりやや少ない三十トンほどを収穫する予定。

 「おいしいタマネギを食べて健康になってほしい」と岡本社長。さらさらレッドは同研究所((電)0123・72・5680)のほか、JAくりやま直売所で購入できる。

 また、町民を対象にさらさらレッドと町内産野菜を使ったアイデア料理コンテストも行っている。二十日締め切り。問い合わせは町農業振興公社(電)0123・73・2500へ。
(北海道新聞 引用)
YOSAKOIを活写 旭川の温井さん写真展
北海道写真協会旭川支部会員で旭川市在住のアマチュア写真家、温井(ぬくい)元次さん(65)の個展「’07北の舞 YOSAKOIソーラン」が同市宮下一一のデザインギャラリーで開かれている。

 展示しているのは、二○○四年から○六年にかけて、札幌のYOSAKOIソーラン祭りをテーマに撮影した作品のうち六十一点。雨の中で踊り手が天を仰ぐ姿、一糸乱れぬ踊りの様子、踊り終わった後の安堵(あんど)の表情など、さまざまな角度から祭りに迫っている。踊り手の笑顔が印象的な今年の道展入選作も展示作品に含まれている。

 温井さんは六年前からソーラン祭りを撮影。「踊り手はみな表情豊かでエネルギッシュ。撮っていて勇気づけられる。見る人にも祭りの良さを感じてもらえたら」と話している。

 九日までで、入場無料。午前十時-午後六時(最終日は午後五時まで)。
(北海道新聞 引用)
首都圏の鉄道、混乱続く 台風9号の影響
台風9号の影響で、首都圏の鉄道は7日朝も混乱が続いた。

 JR東日本などによると、東海道線、京浜東北線、総武線、中央線(東京-高尾間)、南武線などは通常の7割程度の間引き運転。首都圏を発着する特急や湘南新宿ラインなどの通勤ライナーは、成田エクスプレスを除き午前中は運転を見合わせる。

 東海道新幹線は午前6時すぎに三島雨量計が規制値に達し、熱海―新富士間で運転を見合わせ。上越新幹線は通常運転。長野新幹線は、倒木が見つかり午前8時ごろまで運転見合わせ。東北・秋田新幹線は一部を除いて通常運転、山形新幹線は午前中の運転を見合わせた。

 私鉄各線も特急の運休が相次いだ。
(北海道新聞 引用)
ビジネスに最適でっせ! 企業進出「ぜひ」 大阪でセミナー
中小企業基盤整備機構主催の「がんばれ夕張!企業立地応援セミナー」が四日、大阪市内で開かれ、藤倉肇夕張市長らが企業関係者へ「夕張にぜひ来てほしい」と訴えた。

 夕張市への企業進出を促すのが目的で、約百三十人が出席。藤倉市長は「行政の足りない分を自分たちで補う動きが出ている」と市民意識の変化を報告、夕張再生への協力を求めた。

 冷凍食品加工のアクリフーズ(東京)の木下好夫夕張工場長は「輸送に使うフェリーの入る小樽や苫小牧に近く、すばらしい自然は何物にも代え難い」と魅力を語り、映画評論家の品田雄吉さんが映画祭によるまちおこしについて講演した。

 同機構近畿支部の榎本慶訓産業用地・共済部長は「関西では夕張はまだなじみが薄いので、よく知ってもらうことから始めたい」と話していた。
(北海道新聞 引用)
釧路などで震度2
四日午前一時十五分ごろ、道内の広い範囲で地震があり、釧路市などで震度2を観測した。札幌管区気象台によると、震源地は千島列島沖で震源の深さは約一一○キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・4と推定される。釧路市以外の道内各地の震度は次の通り。

 ▽震度2 函館、浦幌、大樹、釧路町、標茶、白糠、標津、別海、根室

 ▽震度1 清里、新ひだか、浦河、幕別、豊頃、弟子屈、厚岸、浜中、鶴居
(北海道新聞 引用)
「シュリーの店」半額ですよ! ガトーキングダム総料理長がPR
身障者が靴や傘の修理などを行う「シュリーの店」で夏靴の修理代を半額とする感謝セールが二日から三日間の日程で始まった。JR札幌駅構内にあるパセオ店では「ガトーキングダム・サッポロ」(札幌市北区)の高橋千秋総料理長が一日店長を務め、PRに一役買った。

 店を運営する財団法人「さっぽろシュリー」は九月二日を「靴の日」と定め、札幌市内十七店舗全店で感謝セールを実施している。

 一日店長の高橋総料理長は白ずくめのコック姿で店頭に立ち、販促用のティッシュを配ったり、店内で受け付けの仕事を手伝ったりした。半額セールの問い合わせは、さっぽろシュリー(電)011・611・4771へ。

(北海道新聞 引用)
ひき逃げで女性が死亡 札幌・豊平
一日午後十時半ごろ、札幌市豊平区平岸七の一三の市道で、女性が車にはねられ、頭などを強く打ち、間もなく死亡した。車はそのまま逃走し、札幌豊平署はひき逃げ事件とみて行方を追っている。

 調べでは女性は四十代から五十代とみられ、同署で身元の確認を急いでいる。現場は片側一車線の直線道路。
(北海道新聞 引用)
東海地震想定し訓練 防災の日、63万人参加
「防災の日」の1日、政府は東海地震と首都圏直下地震を想定し、官邸や静岡県伊豆市などを会場に総合防災訓練を実施した。この日の参加人数は37都道府県で計約63万人。

 今回は3年ぶりに東海地震の対応に重点を置いた。中越沖地震で東京電力柏崎刈羽原発に被害が出たのを教訓に、政府の緊急参集チームのメンバーとして原子力安全・保安院長が初めて参加。

 官邸では、東海地震発生の恐れがあるとの気象庁の予知情報を受け、防災服姿の安倍晋三首相が記者会見で警戒宣言を発表し「被害の予想される地域の皆さまは、落ち着いて行動してください」と呼び掛けた。

 静岡県伊豆市のメーン会場訓練は、、行楽地という土地柄から、観光客の避難誘導訓練などを実施した。

 政府訓練とは別に、浜岡原発とその周辺では、原子力安全・保安院の現地警戒本部設置や、火災を想定した通報連絡訓練を実施。

 首都圏直下地震の訓練は、さいたま市がメーン会場。米第7艦隊の揚陸艦や屋形船を使った帰宅困難者の輸送などを盛り込んだ。

(北海道新聞 引用)
Copyright © 2005 ニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。